2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ポチッと押してくれ


  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチッと押してくれ



無料ブログはココログ

« CSRとは | トップページ | 社畜とは »

2014年8月31日 (日)

(続)たかの友梨はブラックか

これに対して、色々な意見がありますが、個人的に思ったこと。

反論している人の意見として、会社を成り立たせるのは大変であり、まずは起業して自分で経営してみろと、
そうすれば大変さが判ると言っています。

確かに、大変だと思う。しかし、大変なのは皆が違反しているからであり、
自分だけルールを守ると負けてしまうからである。
ブラック企業と呼ばれる会社は、この違反行為が酷すぎる(無法状態?)のである。

だからこそ、この低下している規範意識を底上げすべきなのだ。そうすれば、皆、同じルールで競える。

こんな反論意見もありました。町の零細企業は、ほぼブラックだろう。なぜ、特定企業だけを吊るし上げるのか。

確かに、その通りだろう。
しかし、全部を規制するのは、事実上、不可能である。だから、規制強化して違反している会社の
割合を少なくすべきだ。そのために、皆で声を出して、酷い会社から順次退場していただく。

他にもこんな反論意見がありました。定時で帰りたいなら公務員になればいいと。

私も公務員になれるなら、なりたいものです。そして毎日定時で帰りたいです。
しかし、私はバカです。単に無能な人間です。だから公務員になれません。

ではサラリーマンでやっていけるかと言えば、すぐに弱音を吐いてしまいます。
もともと、底辺にいる人間は、頑張らないし、頑張れないのです。でも、その人なりに頑張っているのです。
でも、できる人間は自分の価値観で物事を見てしまうから、必要以上の成果を求めるでしょう。私には無理です。

社会とは、強い人間や弱い人間で成り立っているのです。強い人間だけではないのです。
強い人間だけ集めても、結局は、その中で強い人間と弱い人間に分かれるでしょう。
強い人間として生まれてきたことを両親に感謝しましょう。

人間には個体差があります。その個体差は、給与や役職などでバランスが取れないのか?
社会全体が高付加価値を求めていたら、私のような無能な人間には働く場所が無くなってしまう。
事実、そうなりつつある。

ブラック企業を批判する記事に対して、賛同者は多いでしょう。
ブラック企業を擁護する人は少ないでしょう。(擁護することは個人の自由)
そして、これがそのまま消費者の割合になると思う。
ブラック企業を批判する人が多いと言うことは、大勢の消費者から批判されていると考えるべきです。

« CSRとは | トップページ | 社畜とは »

ブラック企業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (続)たかの友梨はブラックか:

« CSRとは | トップページ | 社畜とは »