2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ポチッと押してくれ


  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチッと押してくれ



無料ブログはココログ

« 介護報酬の改定で、すこし反論してみる。 | トップページ | 残業代ゼロ法案で、職務記述書の話しが無いのが不思議。 »

2015年1月30日 (金)

投票率と得票率を、政党交付金の額に反映して欲しい。

政党交付金は国民一人につきコーヒー1杯分と言われます。
私は好きな政党にコーヒーを淹れたいです。

議員数で政党交付金の額が決まるのは判りますが、納得いきません。
小選挙区制だと、死票が多くなるので、得票数がそこそこあっても、
議員数が多い政党がごっそり持っていく。。。。

。。。。。。(ぁ

納得できないから、ぐぐって調べたら、
議員数と得票率で、政党交付金が決まるようです。

議員数だけで決まると思っていました。
これなら、投票した政党にコーヒーが淹れられます。
(私と同じように勘違いしてた人はいるんじゃないかな)

詳しくみると、

 1億2000万人(総人口) × 250円(コーヒー1杯) = 300億円

ざっくり計算すると300億円が毎年の政党交付金なります。
これを、各政党に配分しますが、その配分は以下の割合になります。

 議員数割 50%
 得票数割 前回の衆議院 小選挙区 12.5%
 得票数割 前回の衆議院 比例区 12.5%
 得票数割 前回の参議院 選挙区 6.25%
 得票数割 前回の参議院の比例区 6.25%
 得票数割 前々回の参議院の選挙区 6.25%
 得票数割 前々回の参議院の比例区 6.25%

議員数割と得票数割は、無所属の議員は含めないで計算します。
得票数割は、無投票の票数は含めないで計算します。

ここで疑問です。
無所属の議員は、政党交付金がもらえずに、その分を各政党が取ってる?
無投票だったとしても、その人の分を各政党が取ってる?
小選挙区に立候補者が多ければ得票数が増える?

私としては、議員数と得票数にあった政党交付金にしてほしいです。
また、投票率が低ければ、政党交付金を減らしてほしいです。
そうすれば、投票率を高くする努力をするんじゃないのか?

議員数割にも疑問があるのだが、政治献金の替わりに政党交付金ができたのなら、
応援した議員にコーヒーを淹れたいのでは?
議員本人は議員報酬があるのだから、議員数割する意味がどこにあるのか?

大政党が有利になっているように感じます。

政党交付金ができたのに、政治献金の制度が残っているのも疑問です。

逆に考えれば、政党交付金を廃止して、政治献金で賄うことも考えられます。
企業献金の問題もありますが、これは政治献金の上限を、ひとり1万円と決めればいいと思います。

選挙は民主主義です。民主主義はざっくり言うと多数決です。
それなのに、企業献金で何億円ものお金が舞っていて、まるで資本主義のようです。
どういうことですか?(ウフフフ


人気ブログランキングへ

« 介護報酬の改定で、すこし反論してみる。 | トップページ | 残業代ゼロ法案で、職務記述書の話しが無いのが不思議。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 投票率と得票率を、政党交付金の額に反映して欲しい。:

« 介護報酬の改定で、すこし反論してみる。 | トップページ | 残業代ゼロ法案で、職務記述書の話しが無いのが不思議。 »