2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ポチッと押してくれ


  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチッと押してくれ



無料ブログはココログ

« ファストフードの賃上げ1500円アピールについて。。。 | トップページ | 「27歳女子に企業の熱視線が集まる理由」とか、おかしいだろ。 »

2015年4月19日 (日)

外国人労働者(グローバル)を受入れるなら、日本語(ローカル)よりも英語(グローバル)で話したらどうか。

移民政策(外国人労働者の受入れ)について、ケチをつける。

。。。


「移民論議」から逃げる安倍内閣が残す「大きなツケ」
http://blogos.com/article/96163/

。。。

以前、政府は、介護業界に移民を受け入れて、人手不足を補いたいと、言っていたと思います。

介護とはコミュニケーションが重要です。
外国人スタッフとのコミュニケーションを円滑にするには、どうすべきか?

外国人スタッフは、日本で働くために日本語を勉強したと思います。
しかし、グローバルな視点から考えれば英語の方が上手いのではないでしょうか。

それならば、日本語で不足するコミュニケーション部分を、英語で補ってはどうでしょうか。
すなわち、移民を受入れて介護業界で働いてもらうということは、日本人の介護士に英語を求めることになります。

すばらしいことです。
まさにグローバルな社会の展開です。

政府は、介護現場で働いている日本人に対して、大きな声で「すぐに英語の勉強を始めてください」と言うべきです。
もしかしたら、10年後の介護業界は「TOEIC700点以上」が必須になるかもしれません。

さらに言えば、介護を受ける高齢者も、外国人スタッフとコミュニケーションを取るために英語が話せたほうが良いでしょう。
政府は、高齢者に対して、大きな声で「丁寧な介護を望むのなら、英語の勉強をしてください」と言うべきです。

もうひとつ言えば、飲食業等で外国人スタッフだけで営業している店舗があります。これについても同じです。
コミュニケーションを円滑にするために、他の社員やお客に対して、英語の勉強を勧めるべきです。
政府は、飲食業界の人達に対して、大きな声で「すぐに英語の勉強を始めてください」と言うべきです。
そして、飲食業界に対して「TOEIC700点以上」の条件を、すぐに導入するよう勧めるべきです。
もちろん建設業界も同じです。

いやいや、「日本で働くわけだから日本語を覚えてもらうべきでしょう」と言う人がいるかもしれませんが、それはローカルな考え方です。
ローカル(地域に根ざした)な政策ならば、日本語を覚えてもらうべきでしょうが、移民政策はグローバルな政策だと思います。
日本もグローバルな考え方を実践していくべきでしょう。

もし英語(例えば、グロービッシュなど)の勉強が意にそぐわないと考えるのならば、グローバル政策に反対すればいいことです。

さあ早く、政府は大きな声で言うべきです。
政府は、その業界で働く人達や、その業界で働くことを希望している若者に、大きな声で言うべきです。

┐(´д`)┌ヤレヤレ

« ファストフードの賃上げ1500円アピールについて。。。 | トップページ | 「27歳女子に企業の熱視線が集まる理由」とか、おかしいだろ。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ファストフードの賃上げ1500円アピールについて。。。 | トップページ | 「27歳女子に企業の熱視線が集まる理由」とか、おかしいだろ。 »