2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ポチッと押してくれ


  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチッと押してくれ



無料ブログはココログ

« はけん、はけん、、、、、はけん、、、、安倍覇権が何だって? | トップページ | 労働者派遣法の改正とは、雑巾をしぼるようなもの。(前回の続き) »

2015年6月14日 (日)

労働者派遣法の改正で言っている「同一労働、同一賃金」は鵜呑みにしないほうがよい。(前回の続き)

前回の補足です。

「労働者派遣法の改正」を通すために、維新の党が「同一労働、同一賃金」を条件として出しています。

「同一労働、同一賃金」になっても、すべてがパラダイスにならないです。

何が問題でしょうか。
 ・他の人と同じことができなければ給与がもらえません。
 ・同じ仕事を続けているかぎり給与が上がりません。

当たり前のことですが、「同一労働、同一賃金」も一歩間違えれば、労働者にとって悪い制度になると言うことです。
そのために政府のやる事は注視したほうが良いでしょう。

---

さて、前回も書きましたが、重要な事だからまた書きます。

一つは、

「残業代ゼロ法案」について「労働時間ではなく成果で評価する」と言っています。
「同一労働、同一賃金」は、同じ仕事なら、同じ給与です。

「同一労働、同一賃金」は、成果で評価のではなく、仕事内容で給与が決まるのでは?

一つは、

雇用の調整弁として、「労働者派遣法の改正」で派遣労働を拡充しようとしてます。
雇用の調整弁として、「残業代ゼロ法案」で労働時間の緩和しようとしてます。
雇用の調整弁として、「解雇規制の緩和」で解雇を緩和しようとしてます。

こんなに、調整弁いらないでしょ。

---

次のことも重要だから書いておきます。

経営者側の期待に応えるために、喜んで滅私奉公(=長時間労働)する労働者が存在します。

なぜ、この変態は労働者側で喜んで働いているのでしょうか?
資質としては明らかに経営者向きでしょう。

労働者側でバリバリ働いている変態は、労働者の立場に甘えています。
さっさと、労働者側から追出して、経営者側に移ってもらうべきでしょう。
バリバリ働いている暇があるなら、起業の準備でもしたらどうでしょうか。

また、バリバリ働いてお金を稼ぎたいのでしょうが、本来、会社の利益は株主のものです。
なぜ株主側に移らないのでしょうか。

起業のリスクを考えたら、サラリーマンの方が楽なのでしょう。
しかし、才能の使い方が間違っています。その間違いのせいで、私のような馬鹿が、才能ある人間と、同じ土俵に立たなければならないのです。

才能ある人は、本来、居るべき場所に、行ってほしいです。

---

労働法を改正するなら、政府に言いたい。

「先ず塊より始めよ」

まずは、公務員の年功序列を撤廃して「同一労働、同一賃金」を導入してほしいです。
(これが出来なければ、労働法の改正など止めてほしいです)



⊂⌒~⊃。Д。)⊃ ピクピク


« はけん、はけん、、、、、はけん、、、、安倍覇権が何だって? | トップページ | 労働者派遣法の改正とは、雑巾をしぼるようなもの。(前回の続き) »

労働者派遣法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« はけん、はけん、、、、、はけん、、、、安倍覇権が何だって? | トップページ | 労働者派遣法の改正とは、雑巾をしぼるようなもの。(前回の続き) »