2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ポチッと押してくれ


  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチッと押してくれ



無料ブログはココログ

« 明日には戦争法案が採決されるので、悪足掻きの意見です。 | トップページ | 戦争法案は自衛権を逸脱しているのではないか。 »

2015年7月17日 (金)

戦争法案が衆議院を通過したので、その感想です。

衆議院を通過したことにより、安保法案の記事が盛上っています。

---
社説:安保転換を問う 衆院委員会採決
http://mainichi.jp/opinion/news/20150716k0000m070152000c.html
---

記事を見ていて、すこし理解したこともあります。

そして、やっぱりこれは戦争法案という呼び方が正しいと思いました。
しかし、反対派が過剰に訴えるのは辟易します。

これがなぜ戦争法案かと言えば、戦争(自衛権の行使)を前提にしているからです。
当たり前ですよね。
それなのに、政府は抑止力ばかりを強調します。
抑止力だけを強調すると、原発の安全神話を思い出してしまいます。
これでは余計な誤解を生む可能性があります。
抑止力は大事ですが、あくまで戦争(自衛権の行使)を前提にしていることをしっかり説明すべきです。

新自衛権法案などの呼び方でも良いと思います。
ニュースでは安全保障関連法案と言っていますので、これでも良いと思います。

政府が抑止力を強調しすぎるため、そこで思考停止する人達がいると思います
抑止力という狭い範囲だけで思考停止することは怖いことだと思います。

---

さて、戦争法案について、少し理解したことですが、前回のブログでも書いた後方支援についてです。(間違っていたら、ごめんなさい)

武力攻撃事態
 日本が攻撃されたとき、当然に自衛権を発動する。
存立危機事態
 関係国が攻撃されたときに日本の存立危機ならば協力して戦う。
重要影響事態
 日本に重大な影響があるとき関係国を支援(後方支援?兵站?)する。
国際平和支援法
 国際社会が脅かされるとき各国を支援(協力支援活動?兵站?)する。
(この他にも色々ありますが、よく判りません)

なぜわざわざ後方支援や協力支援活動と定義するのだろうか。
政府の説明では、この2つは武力行使ではないらしいが、補給や輸送はどうみても武力行使と一体的な軍事行動でしょう。

私は自衛権の行使はやむを得ないと思っていますが、他国支援の兵站は問題があると思います。
日本の存立危機ではないのに、なぜ軍事行動するのか。
国際平和支援法にいたっては、日本と関係がないのに軍事行動することになります。

また、自衛権の行使に関しても、どこまで具体的に突き詰めているのか疑問です。
今までの自衛隊は個別自衛権を念頭に考えられていたと思いますので、必要以上に戦力がないはずです。
集団的自衛権を行使するなら、今まで以上の戦力が必要になると思います。
果たしてそれだけの戦力を維持できるのでしょうか。

また、例えば南シナ海で何らかの衝突があったとします。
これは存立危機事態か重要影響事態になると思います。
そして、これは日本の存立危機なのか?
日本は自衛権を行使するのか?
それとも兵站を実行するのか?
これは全て「戦う意思表示」になります。

後方支援も協力支援活動も「戦う意思表示」になります。

日本が攻撃されたり存立危機ならば、自衛権の行使もやむを得ないでしょう。
でも、他国支援はマズイでしょう。

存立危機事態も、なにをもって存立危機というのか、自衛権の行使を満たすほどの状態とは何なのか、甚だ疑問です。
存立危機事態と、武力攻撃事態等も、説明を読むと問題があるような。。。

 
(´Д`;≡;´Д`)アワアワ
 

---

自民党のやっていることの7,8割は正しいと思います。
ですから、この戦争法案も7,8割は正しいのかもしれません。
しかしながら、残りの2,3割に不安を感じます。
すなわち穴があるのではないかと。

例えば、アベノミクスで景気回復しても、いまだに庶民には効果が届きません。
例えば、原発の事故も事故対策がしっかりしていたら、防げたかもしれません。

そう考えると、しばらくは何も影響がないかもしれませんが、忘れたころに表面化しそうです。
もしくは2,3割の人達が苦しんでいても、それが表面化されないかもしれません。
まぁ、いろいろ書きましたが、戦争法案については、まだまだ理解不足だと思っています。

 
o(#゚Д゚)_‐=o)`Д゚)・;
 

---

蛇足。

国会でプラカードを掲げて反対を訴えたり、組織だった反対運動のデモを見ると、ウンザリします。
(組織化されていないデモは好印象です)
せっかく、反対派に風が吹いてきたと思ったのに、興醒めです。
与党のまわし者かと疑いたくなります。

学芸会じゃないんだから、もうすこし感心(または洒落の効いた)するような方法を取ってほしいものです。

また組織化されたデモは、普段はまったく見かけないのに、ここぞとばかりにゾロゾロとでてきます。
サッカーワールドカップでも普段は見かけないのにファンがあふれます。
サッカーについて云えば、にわかファンのような気もします。
しかし、組織化されたデモは、組織化されているのににわかの感じがあるのはどうしてだ?

(´;ω;`)ウウ・・・

---
安保法案:衆院特別委で可決 与党単独で強行採決
http://mainichi.jp/select/news/20150715k0000e010227000c.html
---

« 明日には戦争法案が採決されるので、悪足掻きの意見です。 | トップページ | 戦争法案は自衛権を逸脱しているのではないか。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦争法案が衆議院を通過したので、その感想です。:

« 明日には戦争法案が採決されるので、悪足掻きの意見です。 | トップページ | 戦争法案は自衛権を逸脱しているのではないか。 »