2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ポチッと押してくれ


  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチッと押してくれ



無料ブログはココログ

« 「舛添=違法ではない」、「甘利=不起訴」。胡散臭さの満漢全席や。 その2 | トップページ | 「裏金なしの招致活動は“武装した相手に素手で戦うようなもの”」。深淵を覗くとき、深淵もまた。。。。。 »

2016年6月14日 (火)

アベノミクスを「北風と太陽」に例えると、どうなるか?

---
【社説】参院選へ1カ月 中傷排して政策論争を
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2016061002000140.html
---

最近、アベノミクスを見ていて、童話の「北風と太陽」みたいだと感じています。

安倍総理が、景気を良くするために、第一の矢などと、北風を吹かすと、庶民という名の旅人は、コートを飛ばされないようにして、寒さに耐えます。

こんなに風が吹いていたら、防寒対策しなければなりません。
それにも関わらず、相変わらずアベノミクス台風が席巻しています。
いつになったら太陽がでてくるのだろうか。

例えば、投資を薦める人達がいます。
この人達からしたら、なぜ庶民は投資しないのだろうか、訝しげに感じているだろう。
しかし、庶民の感覚からすれば、投資して儲かるのなら、金融機関が既にやっているだろうと考えます。
プロである金融機関が投資してなければ、アマチュアである庶民が投資に興味を持つはずがないのです。

このような、よく分からない北風が吹いていれば、コートを固く握りしめるのは、ごくごく自然なことです。
そもそも格差が拡大しているわけだから、お金に余裕のない庶民は消費したくでも出来ないと思います。
それこそ、素っ裸で北風に吹かれるようなものです。
裸族ですか?
変態ですか?
私のようなアホにしてみたら、イケイケ経済の北風よりも、じんわり暖かい太陽があることを望みます。

しかしながら、偉い人達は、自分たちが実は北風だということは、想像もできないのだろうな。
偉い人には、ジオングの足がない理由など分からないだろうな。
つまりは、アベノミクスという北風を吹かせば吹かすほど、なぜか法螺しか鳴らないという不思議な現象が起きるわけです。

(「北風と太陽」をwikiで調べると、異なる解釈についても記載されていました。その解釈も的を射た面白いものでした)

o(*^▽^*)o

ブログランキング・にほんブログ村へポチッと押してくれ
ポチッと押してくれ

« 「舛添=違法ではない」、「甘利=不起訴」。胡散臭さの満漢全席や。 その2 | トップページ | 「裏金なしの招致活動は“武装した相手に素手で戦うようなもの”」。深淵を覗くとき、深淵もまた。。。。。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アベノミクスを「北風と太陽」に例えると、どうなるか?:

» 在宅勤務制度が普及すれば、通勤による時間のロスがなくなり日本経済に及ぼすプラスの影響が増大する・舛添 [国民の生活が第一は人づくりにあり]
 在宅勤務制度が普及すれば、通勤による時間のロスがなくなり日本経済に及ぼすプラスの影響が増大する・舛添問題やっと決着、トヨタ自動車が在宅勤務の大幅な拡充を検討していることが明らかになった。6月上旬に日本経済新聞をはじめとする主要メディアが報じ、ネットニュースでも話題になった。 トヨタの在宅勤務は従来、一部社員に限定されていたが今回の拡充によって一般企業でいうところの事務系の総合職に当たり、一定の資格以上を持つ約1.3万人の社員まで対象を広げる。早ければ8月にも新制度を導入したい方向で、すで...... [続きを読む]

« 「舛添=違法ではない」、「甘利=不起訴」。胡散臭さの満漢全席や。 その2 | トップページ | 「裏金なしの招致活動は“武装した相手に素手で戦うようなもの”」。深淵を覗くとき、深淵もまた。。。。。 »