2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ポチッと押してくれ


  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチッと押してくれ



無料ブログはココログ

« 「「好き」と「嫌い」、「ブラック企業・ホワイト企業」」。私には偉い人の考えは分からない。 | トップページ | 「京都・西陣織職人の「弟子募集」はブラックと言えるのか」。何でもかんでもブラックではないと思う。 »

2017年3月19日 (日)

「残業時間、年間上限、休日労働含まず」。なるほど。

---
残業時間 規制に抜け穴…年間上限、休日労働含まず
http://mainichi.jp/articles/20170318/k00/00m/040/075000c
---

政府は、年間上限「720時間」には休日労働が含まれていないことを明らかにした。
労基法は週1回の休日を義務付けており、「休日労働」は休日以外に残業する「時間外労働」と区別されている。

あった。あった。トリッキーな仕組みで前にビックリしたことありました。

改革案は
 (1)残業時間は「月45時間、年間360時間以下」を原則とする
 (2)繁忙期であっても「月100時間未満」「2~6カ月の月平均がいずれも80時間以下」とする
 (3)月45時間を超えるのは年6回まで
 (4)繁忙期を含めても「年720時間」を上回らない
などとしている。
このうち、(2)については休日労働を含んだ規制だが、(1)(3)(4)は休日労働が含まれていない。


なんで(2)だけ含んで計算できるのだろうか? 不思議です。

現在の基準は時間外労働だけが対象で「月45時間」「年720時間」などはそれを踏襲。一方、「月100時間未満」などの規制は休日労働も含めた「過労死ライン」に準じて新たに設定したもので、算定する時間に違いがある。

ん~、読んでも理解できない。何でだろう。

ちなみに前にビックリしたのは残業月60時間超50%割増しの改正があったときです。
60時間超でも休日労働(法定休日のこと、例えば日曜日)は50%割増しにならないです。
(興味のある人は自分で調べてみてください。間違っていたときは、ゴメンナサイ)

まぁ、従来の制度との整合性が取れないのだと思いますが、なんかヘンテコ労働法に見える。

(◎´∀`)ノ

ブログランキング・にほんブログ村へポチッと押してくれ
ポチッと押してくれ

« 「「好き」と「嫌い」、「ブラック企業・ホワイト企業」」。私には偉い人の考えは分からない。 | トップページ | 「京都・西陣織職人の「弟子募集」はブラックと言えるのか」。何でもかんでもブラックではないと思う。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/599165/65033973

この記事へのトラックバック一覧です: 「残業時間、年間上限、休日労働含まず」。なるほど。:

» アメリカファースト主義でリーマンショック後の世界経済の協調発展は維持できるのか?波乱が待っているのか [国民の生活が第一は人づくりにあり]
 アメリカファースト主義でリーマンショック後の世界経済の協調発展は維持できるのか?波乱が待っているのか? ドイツで開かれていた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は「反保護主義」をめぐって、最終日まで共同声明案の調整が難航する異例の展開になった。世界経済の牽引(けんいん)役であるにもかかわらず、「米国第一」を掲げるトランプ政権にどう向き合うのか、G20の協調態勢は試練を迎えている。 (田村龍彦、バーデンバーデン 中村智隆)、に関連する最新のWeb情報を引用すると、... [続きを読む]

« 「「好き」と「嫌い」、「ブラック企業・ホワイト企業」」。私には偉い人の考えは分からない。 | トップページ | 「京都・西陣織職人の「弟子募集」はブラックと言えるのか」。何でもかんでもブラックではないと思う。 »