2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ポチッと押してくれ


  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチッと押してくれ



無料ブログはココログ

« 「共謀罪とケナタッチ公開書簡」。どういうこと? | トップページ | 「反論は説得力を欠いて新聞の信用性を損なうものだ」。う~ん、この。。。 »

2017年5月31日 (水)

「共謀罪とケナタッチ公開書簡」。どういうこと? その2

前回は、ケナタッチ氏が間違っている可能性があると思ったわけですが。。。

安倍首相は、ケナタッチ氏が在ジュネーブ代表部大使に宛てた別の書簡で「NGOが作成した法案の非公式な英訳で立場を表明した。日本政府の公式な英訳を見た上で、間違っていれば立場を訂正する用意がある」と述べたことを紹介。

弁書では、さらに書簡について「我が国政府から説明を受けることなく作成されたものであり、誤解に基づくと考えられる点も多い」と指摘

まぁ、ケナタッチ氏が直接話したことではなく、政府が代弁しているか政府の意見だから、実際はどうなっているのか分からないです。

---
国連報告者、どんな人? 「共謀罪」に懸念…政府は反論
http://www.asahi.com/articles/ASK5Z64YFK5ZULZU00M.html
---

そして、新しい記事を見かけたので感想です。

今春、国際会議などで様々な研究分野の日本の学者と意見交換。多くの学者が法案に対する懸念を表明した。日本国内外の報道も調べ、日本人弁護士らへの確認作業を経て、首相あての書簡をまとめたという。今後、日本政府からの反論を含めた報告書を作成し、国連総会と国連人権理事会に提出する。人権保護に対する日本の取り組みが国際社会から問われる可能性がある。

このまま報告書が提出される可能性があるわけなので、どちらに転ぶのかは分からない状態です。
これを読むと本当にケナタッチ氏が誤解しているのか疑問に思うのだが、本当のところは分からないです。
今後、提出されるか提出されないかで、何が正しかったのか分かるのでしょう。

---
安倍首相がサミットデマ吹聴!“G7が共謀罪後押し”“国連事務総長「共謀罪批判は国連の総意でない」”は全部嘘だった!
http://lite-ra.com/2017/05/post-3202.html
---

他のブログに載っていたので、私も感想です。

ネトウヨたちは「国連の総意ではなく個人のスタンドプレーだったことが判明」などと騒いでいる。
人権理事会の特別報告者についてのくだりも同様だ。リリースでは、「特別報告者」について「experts that are independent and report directly to the Human Rights Council(人権委員会に直接報告する、独立した専門家)」となっているが、この「独立した」は日本国憲法76条が規定している「裁判官の独立」の「独立」と同じ意味で、何者にも干渉されない存在であることを説明するもの。それを「国連とは別の個人の資格」と訳するのは明らかにインチキだ。

なんかご丁寧に説明しているのだが、普通は分かるでしょ。
政府の説明は少し変だなと気づくだろうし、何が変なのか少し調べれば分かることだと思います。
それをわざわざ騒いでいるのだから何か意味があるのでしょう。

考えられるのは、
 ①本当に信じて主張している人
 ②単に面白がって主張している人
 ③目的があって主張している人
私の勝手な憶測だが、①と②の人は少ないのではないか。やはり③が多いのかなと思います。
そうだとすれば、自分が得するからとか、仕事だからやっているとか、が考えられるのだが、どうなのだろうか。

---

さて、前回は、ケナタッチ氏が間違っている可能性があると書いたが、実は政府のケナタッチ氏への対応の酷さを書こうと思っていました。
しかし、政府がケナタッチ氏は誤解していると言っているので、当初の内容から変わってしまいました。
それでも、なんかブログの続きを書いたので、ここで述べたいと思います。

やはり感じたのは独善的で酷い対応だということです。
何が言いたいかというと、移民政策や外国人技能実習制度、多様性(ダイバーシティ)とか言っているときがありますが、この対応でどうして外国人と分かり合えるのだろうか。
韓国とか中国とかでヘイトスピーチ問題もあるのだが、日頃からこのような態度を国民に示しているのだから、ヘイトスピーチに傾倒する人がでてきても何ら不思議ではないと思います。
また、保護主義に反対して、グローバル経済を推し進めようとする姿勢も同様のことが言えます。
独善的なのにグローバル経済を進めようとするのは矛盾しています。

多様性やグローバリズムを否定する考え方なのに、なぜ推し進めようとするのか。
これでは政府が何を言っても、信じられないのですが。。。

しつこく書きますが。
---
「増税する前にやることがある」と言われていたが、結果が出ていない。
(これで何を信じるのか)
富裕層に集中しているマネーや、格差を、対策しないのか。
(これで何を信じるのか)
総理が交代すると新しい経済対策がぶち上がってワイワイと盛り上がるが、一部の人達が得をして、私の状況は何も変わらない。
むしろ、そんな経済対策を阻止したい。
世の中を見ていると、人だけを変えて、内容やルールは巧妙に存続しているように見える。
結局は私みたいなアホウが踏み台にされるルールなんだろう。
---

ヽ(´▽`)/

ブログランキング・にほんブログ村へポチッと押してくれ
ポチッと押してくれ

« 「共謀罪とケナタッチ公開書簡」。どういうこと? | トップページ | 「反論は説得力を欠いて新聞の信用性を損なうものだ」。う~ん、この。。。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「共謀罪とケナタッチ公開書簡」。どういうこと? その2:

« 「共謀罪とケナタッチ公開書簡」。どういうこと? | トップページ | 「反論は説得力を欠いて新聞の信用性を損なうものだ」。う~ん、この。。。 »