2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ポチッと押してくれ


  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチッと押してくれ



無料ブログはココログ

« 「安倍政権、業界圧力で外国人労働者の在留資格を緩和か」。う~ん。 | トップページ | 「韓国人が鼻で笑う、ニッポンの「外国人労働者政策」は欠陥だらけ」。介護業界の人手不足の訴えとは何ぞな。 »

2018年9月 6日 (木)

「国民民主党の玉木代表、支持率1%からの船出」。保守なら、野党など相手にするな。

---
国民民主党の玉木代表、支持率1%からの船出
国民的知名度は低く、自民党からはガン無視

https://toyokeizai.net/articles/-/236492
---

玉木氏の実家は香川県の兼業農家で、郷里が生んだ「大政治家」の故・大平正芳元首相を敬愛し、同元首相の遠縁でもあったことから初当選時には同元首相の孫娘が秘書を務めた。国民民主の政治路線として「穏健な保守」を掲げたのもこうした出自が背景にある。ただ、生来の「保守寄り」の姿勢が、安倍1強政権との対峙を最大の課題とする野党陣営の中で「国民民主は与党の補完勢力」との批判にもつながったのは否定できない。

つまり、保守かリベラルで考えるか、または、右側か左側で考える。
右なら自民党から保守票を奪う必要がある。左なら立憲・社民・共産との連携になる。
現状維持が良い人や特に不満が無いと考えている人は、自民党を支持するだろう。不満があれば、野党を支持するだろう。
この時点で、国民民主党の居場所は無い。
なぜなら、保守を名乗っている以上、自民党と政策がかぶるからだ。

右か左で考えれば、自民党、維新の会、希望の党、国民民主党の違いは何なのか。国民には、すべて同じに見えるのではないか。
これは、立憲、社民、共産でも同じことが言える。(まぁ、立憲からしたら左側と言われるのは心外だろうが)
だから、保守なら保守票の奪い合いになる。少なくとも国民民主党が中央や左寄りのスタンスで振舞っても、リベラル層は微動だにしないだろう。
一般的に言われるのは、保守側なら無党派層やライトなリベラル層からどれだけ支持を集められるかがポイントになるだろう。リベラル側ならその逆だ。

だから、どんなに右側の陣営が、左側のように振舞っても見抜かれるだろうし、地位の高い人が底辺の人のように振舞っても見抜かれるだろう。また、富裕層や新自由主義の人が、庶民派を気取っても嫌悪感しか覚えないだろう。

代表選を通じて「対決路線」に軌道修正した玉木氏は、代表選後の記者会見でも「(安倍晋三政権との)論戦の先頭に立ってバッタバッタとなぎ倒したい」とこぶしを振り上げた。だが、与党は「しょせんは負け犬の遠吠え」(自民幹部)などと“ガン無視”の構えだ。野党リーダーの立憲民主の反応もよそよそしいだけに、11日に正式発足する玉木新体制の前途は極めて多難だ。

繰返しになるが、庶民派を気取っても、野党のなかに入り込むのは無理だと思う。維新の会がゆ党と言われている現実を直視したほうが良い。

個人的に感じることは、度々、右側陣営なのに庶民派(つまり右でも左でもなく、庶民の味方を装う)を気取って、左側陣営を切り崩してくる戦法が取られることだ。
無党派層などには、そんな戦法はどうでもいいだろうが、しかしながら、それによって社会の閉塞感が打破できないとしたらどうだろうか。
例えば、安倍政権は長期政権となっているが社会が明るくなるどころか庶民の閉塞感は増しているように感じる。保守側の支持を続けて果たしてこの閉塞感を打破できるのか。

三度繰り返して書くが、もしかしたら、新自由主義の人が庶民派を装っているかもしれない。あくまで憶測だが、ご用心めされよ。くわばらくわばら。

(´・ω・`)ショボーン

(文章が読みづらくてごめんなさい。文章能力が無いなぁ。もうダメだぁ)

ブログランキング・にほんブログ村へポチッと押してくれ
ポチッと押してくれ

« 「安倍政権、業界圧力で外国人労働者の在留資格を緩和か」。う~ん。 | トップページ | 「韓国人が鼻で笑う、ニッポンの「外国人労働者政策」は欠陥だらけ」。介護業界の人手不足の訴えとは何ぞな。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 「安倍政権、業界圧力で外国人労働者の在留資格を緩和か」。う~ん。 | トップページ | 「韓国人が鼻で笑う、ニッポンの「外国人労働者政策」は欠陥だらけ」。介護業界の人手不足の訴えとは何ぞな。 »