2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ポチッと押してくれ


  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチッと押してくれ



無料ブログはココログ

« 「極端な「最低賃金引き上げ論」に騙されてはいけない」。話しがふりだしに戻りました。 | トップページ | 「厚生年金パート適用拡大へ 「50人超」案有力」。コンビニなどで働いているパートは対象外か? »

2019年10月 6日 (日)

「消費税率、10%枠内で努力 甘利自民税調会長「まずは行政改革」」。それって、誰のため?

---
消費税率、10%枠内で努力 甘利自民税調会長「まずは行政改革」
https://www.sankeibiz.jp/macro/news/191003/mca1910030500002-n1.htm
---

10%超への消費税増税について、安倍晋三首相は7月の党首討論会で「今後10年間くらいは必要ないと思っている」と述べた。

これに関し、甘利氏は「(首相の思いは)消費税を『打ち出の小づち』にしてはいけないということ」と指摘。まずは「行政サービスを、より少ない予算でできるようにする」といった改革を進め、追加の増税は「こうしたことを全部やってから」検討すべきだとの考えを示した。

以前、話題になっていた「消費税を上げる前にやることがある」ということを最近ブログに書いたばかりだったので、この記事が少し気になった。
まぁ、結論を言えば、私の考えとは正反対だなと思った。

「消費税を上げる前にやることがある」は、いつ頃の話しだったか?
民主党政権のときか、その後か、消費税が10%に決まる頃だったろうか。詳しくは覚えていない。
その頃は、私も知らないことが多かったので、単純に政治改革や行政改革が進めばいいと思っていた。
そのとき話題になっていたのは議席数の削減だったと思う。まぁ、今更の話しだ。
削減できればいいと思うが、現状では、それで何かが良くなると思えない。
そもそも、政治改革や行政改革は、かけ声倒れなので期待できない。

何が一番重要か。
現時点で、私は再分配と負担の公平を望んでいる。
つまり、累進課税の強化だ。与党が一番嫌がることを言えばいいと思う。

そもそも、行政改革が意味するところは、小さい政府のことだと思う。
行政サービスを、より少ない予算でできるようにする」とあるが、まさに小さい政府だ。
これは新自由主義(ネオリベ)ではないのか?

最近は、水道の民営化が話題になっていたが、これも新自由主義なのかなと思っている。
あまり詳しくはないのだが、もしも、民営化したことによって、投資家へ配当金が支払われるのなら、水道料金を払うのがバカらしくなる。
(現時点で、配当金が支払われないとしても、将来的に少しづつ変更されるかもしれない)
投資家のすべてを否定する気はないが、公益性が高いものが投資の対象になることに疑問を感じる。
公益性が高く、リスクが無くて、確実なリターンが見込めるなら、政府が税金で実施すればいいと思う。
この先、新自由主義が拡大すれば、お金が無い人やお金を稼げない人は、まともに生きられなくなるのではないか。
いまの日本が、すでに格差社会や階級社会とか言われているのだから、あながち妄想とも言い切れないと思う。

行政の無駄は省くべきだが、だからと言って小さい政府には賛同しない。
私のようなアホは、競争原理が強ければ生きづらい世の中になるので、福祉国家が良いと思っている。
つまり大きな政府を望んでいる。

今回の増税については、住宅など耐久消費財に関する減税措置の拡充のほか、キャッシュレス決済へのポイント還元策など「場合によっては、消費税増税後のほうがお得という感覚を出した」と強調。

これって、何がお得なのだろうか?
次の記事を見つけた。

---
消費増税、景気対策と両輪 きょうから10% 政府、負担軽減に6.6兆円
https://www.sankeibiz.jp/macro/news/191001/mca1910010500004-n1.htm
---

政府は消費税率10%への引き上げに向け、計6兆6000億円分の景気底上げ策を準備した。予想される6兆3000億円の国民負担増を帳消しする規模だ。前回、2014年4月に消費税率を8%へ引き上げた前後は駆け込み需要の後にと反動減が生まれ、増税後の国内総生産(GDP)成長率も低迷した。今回の手厚い対策は、反動減を見過ごした前回の失敗を繰り返さないという強い思いがあるからだ。

ネットを見ていたら、6.3兆円の国民負担があるのに6.6兆分の景気対策したら意味が無いといった批判があった。
そうではなく、意味はある、もちろん、悪い意味だ。

6.3兆円を全体に対して負担させるが、6.6兆円の景気対策が一部に偏っている場合もあると思う。
すべての国民が景気対策の恩恵を受けるわけではないと思う。
むしろ、景気対策で恩恵を受ける一部の国民よりも、景気対策で恩恵を受ける一部の企業のほうがウハウハかもしれない。
まるで打ち出の小槌ではないか。
だから、意味はあるのだ。断っておくが、私には何の意味もない。むしろ負担だけがある。(ギャフン)

もしも、6.3兆円と6.6兆円で相殺されるのだから意味は無いと言っている人がいたら、鵜呑みにせず、じーッと見ていよう。
もしかしたら、胡散臭いことを喋りだすかもしれない。
どうにも「相殺されるから意味がない」というのは、何かのカモフラージュのように聞こえてしょうがない。

(憶測が多いので鵜呑みにしないでください)

(*´ω`*)モキュ


ブログランキング・にほんブログ村へポチッと押してくれ
ポチッと押してくれ

« 「極端な「最低賃金引き上げ論」に騙されてはいけない」。話しがふりだしに戻りました。 | トップページ | 「厚生年金パート適用拡大へ 「50人超」案有力」。コンビニなどで働いているパートは対象外か? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「極端な「最低賃金引き上げ論」に騙されてはいけない」。話しがふりだしに戻りました。 | トップページ | 「厚生年金パート適用拡大へ 「50人超」案有力」。コンビニなどで働いているパートは対象外か? »