2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ポチッと押してくれ


  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチッと押してくれ



無料ブログはココログ

« 「電通「正社員の個人事業主化」の狙い 新会社設立し10年契約のバックアップも」。起業支援なのか。 | トップページ | 「成長戦略会議での日商発言に感じる、「低賃金国家」日本の遠い夜明け」。零細企業とは。 »

2020年12月 1日 (火)

「電通が始める新人事制度は定着するのか? 10年間の業務委託とは」。なるほど。

---
電通が始める新人事制度は定着するのか? 10年間の業務委託とは
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/money/281823
---

前回、ブログを書いたときには分からなかったことが載っていたので、続きとして、すこし感想を書きます。

2020年12月期第3四半期決算(1~9月)で前年同期比50・1%減と営業利益が半減した電通。勤続20年以上の40歳から59歳の社員2800人を対象に早期退職希望を募り、230人が早期退職することになった。退職者は個人事業主となり、同社が新設する新会社「ニューホライズンコレクティブ合同会社」と10年間の業務委託契約を結び仕事を受託する。

早期退職者とあるので、リストラの一環だったのか。

電通はOBに極めて冷たい会社です。退職して起業したOBは軒並み2~3年で事務所を閉めている。OBに仕事を出さず面倒は見ないという企業風土の会社でしたが、今回の退職後10年は支援するという制度は、電通の長い歴史の中で革命的な出来事といえるでしょうね

う~ん。前回のブログのときは、起業支援だと思っていたのだが、このように書かれると、何をやりたいのか、よく分からない。
今回の制度は人件費削減を目的としたリストラです」と書かれているが、人件費を抑制したらジリ貧になるのだが、その辺りの戦略がよく分からない。
と言うか、普通にクビ切りでは、何かマズイのだろうか。

まぁ、素人などには分かるはずもない。

(*´ω`*)モキュ

ブログランキング・にほんブログ村へポチッと押してくれ
ポチッと押してくれ

« 「電通「正社員の個人事業主化」の狙い 新会社設立し10年契約のバックアップも」。起業支援なのか。 | トップページ | 「成長戦略会議での日商発言に感じる、「低賃金国家」日本の遠い夜明け」。零細企業とは。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「電通「正社員の個人事業主化」の狙い 新会社設立し10年契約のバックアップも」。起業支援なのか。 | トップページ | 「成長戦略会議での日商発言に感じる、「低賃金国家」日本の遠い夜明け」。零細企業とは。 »