2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ポチッと押してくれ


  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチッと押してくれ



無料ブログはココログ

« 「週休3日制導入へ政府議論」。ないわ~。 その3 | トップページ | 「立憲民主党は「日本に必要ない政党」」。なんちゃって立憲民主党。 »

2021年5月 3日 (月)

「菅首相消極的、しぼむ改憲機運 コロナ影響、国民投票法は進展」。まずは基本。

---
菅首相消極的、しぼむ改憲機運 コロナ影響、国民投票法は進展
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021050200210&g=pol
---

自民党憲法改正推進本部の幹部は「首相に『改憲論議をする』と言ってほしい。支持者が求めている。はっきり打ち出さないと次の衆院選は危ない」といら立ちをあらわにした。

だが、新型コロナの感染拡大で、推進派も心境が変化している。閣僚経験者は「今後半年はコロナを克服できるかという時期だ。改憲なんて言ったらぼこぼこに批判される」と指摘。

自民党の改憲議論は怖い。

国民はどれくらい憲法を理解しているのだろうか。
憲法の基本として「国民主権」「基本的人権」「平和主義」がある。まずは、これをベースに憲法を見てほしい。

ネットのコメントを見ていたら、自民党の改憲草案には問題があると書かれていた。
例えば、基本的人権を制限するようなことが書かれているようだ。
国民には、少なくとも「国民主権」「基本的人権」「平和主義」に反するようなものは、疑問に感じてほしい。
相反するものが、憲法上に定義されると矛盾が生じる。
もしも、「国民主権」「基本的人権」「平和主義」に反するものを定義するなら、「国民主権」「基本的人権」「平和主義」を変えるという話しになる。
私は「国民主権」「基本的人権」「平和主義」を変えることには反対だ。
それと怖いのは拡大解釈だ。素直に条文を見るのではなく、拡大解釈したときに、どのような読み方があるのか考えるべきだろう。

一般的に、憲法は権力者を縛るものと言われる。
だからこそ、国民は、それが「国民主権」にプラスなるのか、「基本的人権」にプラスになるのか、「平和主義」にプラスになるのかを考えなければならない。これは国民が考えることである。

憲法とは何ぞや?
憲法の意味は?
それは何故か?
と自問自答してほしい。
できれば、簡単な憲法の解説本を見てほしい。憲法の条文だけを見ても難しいため、ひとつひとつの意味を知る必要がある。本当にカンタンなものでいい。
まずは全体像を知ることが大事だ。

憲法についてよく言われるのが、アメリカから押し付けられたという話しだ。
さて、日本は憲法という名の、何を押し付けられたのか。
自由主義か?
民主主義か?
それとも、アメリカの属国か?
少なくとも、アメリカ自身には自由主義と民主主義があるだろう。
ちなみに民主主義の対義語は権威主義である。

国民投票法改正案をめぐっては、立憲民主党が4月28日、CM規制や外国人寄付規制について「3年をめどに法制上の措置を講ずる」と付則に明記する修正案を自民側へ提示。

う~ん、野党って、本当に仕事してんのか?

(素人レベルなので、書いていることが間違っていたときは、ごめんなさい)

(*´ω`*)モキュ

 

ブログランキング・にほんブログ村へポチッと押してくれ
ポチッと押してくれ

« 「週休3日制導入へ政府議論」。ないわ~。 その3 | トップページ | 「立憲民主党は「日本に必要ない政党」」。なんちゃって立憲民主党。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「週休3日制導入へ政府議論」。ないわ~。 その3 | トップページ | 「立憲民主党は「日本に必要ない政党」」。なんちゃって立憲民主党。 »