2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ポチッと押してくれ


  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチッと押してくれ



無料ブログはココログ

« 「労働者の学び直しは「基本的に企業負担で」」。人材の流動化なんて無かったんや。 | トップページ | 「米紙「安倍氏の長年の目標実現近づく」 憲法改正の行方に注目」。社畜がね、怖いのよ。 »

2022年7月 7日 (木)

「なぜ若者の声は政治に届かない? 参院選60歳以上の影響力は50%」。右が多い。

---
なぜ若者の声は政治に届かない? 参院選60歳以上の影響力は50%…「シルバー民主主義」がひどすぎる【独自試算で判明】
https://news.yahoo.co.jp/articles/43d19943a56575671fa2ec3179927b0035e4414a
---

2022年6月1日の人口推計を見ると、日本に60歳以上は合計4367万人います。そのうち2568万人が投票するとすれば、全投票者数5148万人のちょうど半分にあたります。つまり、60歳以上の参院選への影響力は50%となる。
もっと年齢を下げて、50歳以上で見ると、6098万人のうち3527万人が投票することになり、なんと全投票者の69%にあたるんです。つまり、50歳以上の選挙への影響力はほぼ7割。これが日本の『シルバー民主主義』の実態です

世代間の対立よりも、貧富の対立のほうが、私は興味がある。
あえて言うなら、シルバー民主主義に対しては「IT後進国をどうにかしろ」ということだけ。

さて、貧富の対立に話しをもどす。
右派には、保守など色々な見方があると思うが、そのひとつに権力者側という見方がある。
左派は革新とか言われるが、弱者側という見方がある。

アメリカの共和党は金持ち側で、民主党は貧しい側というイメージがある。
そして、共和党は保守である。
やはり、右派は権力者側というイメージになる。

ちなみに、共和主義と民主主義は、同じような意味だが、違いもある。弱者にとって、その違いは重要なので知っておいたほうがいい。

日本で左派といえば、共産党と社民党になる。
社民党は、ほとんど潰れたようなものなので、実質的に左派は共産党のみだ。

自民党は、保守なので右派である。経団連との関係も強い。
公明党は、左派だと思うが、自民党と連立を組んでいるので、右派側と見なすべきだろう。

維新の会は、改革する保守と言っているので、右派である。
国民民主党は、中道といっているが、私からすると右派に見える。それに改革する保守とも言っている。
れいわ新撰組は、左派と言われているが、私からすると主張していることが右派に見える。左派らしい政策をあまり感じない。
NHKをぶっ壊す党は、よく分からない。ごめんなさい。
立憲民主党は、枝野議員が保守と言っていたので、右派なのだろう。連合との関係も強いが、大企業の労働組合なので弱者側というイメージが薄い。また、最近連合は自民党に近づいているとも言われている。これらを踏まえると、どうにも左派に見えない。

いや、右が多くね?

守旧保守と改革保守の二大政党を目指している人達からすれば、そりゃ、大喜びの状況なのだろうが、私のような弱者側の人間からすれば、天を仰ぐばかりである。

1%対99%とか
非正規労働者が4割とか
大企業の労働者は3割で、中小企業は7割とか
そんなことが言われているのに、圧倒的に劣勢である。

でも、まぁ、いいんじゃないか。
国民が、こんな政治や社会を選んでいるのだから、弱者の居場所が無くても仕方がない。国民が選んだことだ。

ちょっと、蛇足。
資本主義の社会なので、物事を見るときに、投資家の利益になるのか、という視点が重要だと思う。否が応でも、投資家の動向が重要である。
例えば、骨太の方針で投資のNISAが掲げられているが、それは自分の利益になるのか、それとも他の投資家の利益になるのか、その見極めは必要だと感じる。

(憶測で書いているところもあるので、鵜呑みにしないでください。間違っていた時はゴメンナサイ)

|ω·`)

 

ブログランキング・にほんブログ村へポチッと押してくれ
ポチッと押してくれ

« 「労働者の学び直しは「基本的に企業負担で」」。人材の流動化なんて無かったんや。 | トップページ | 「米紙「安倍氏の長年の目標実現近づく」 憲法改正の行方に注目」。社畜がね、怖いのよ。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「労働者の学び直しは「基本的に企業負担で」」。人材の流動化なんて無かったんや。 | トップページ | 「米紙「安倍氏の長年の目標実現近づく」 憲法改正の行方に注目」。社畜がね、怖いのよ。 »