2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ポチッと押してくれ


  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチッと押してくれ



無料ブログはココログ

« 「日本の“格差”に「格差という言葉がすごく良くないと思ってるんですよ」」。今更。 | トップページ | 「五輪汚職事件 アスリートらに謝罪せよ」。ん? »

2022年9月 4日 (日)

「違う意見を言っただけで「嫌い」になってしまう人の心理」。まぁ、そうだな。

---
【ひろゆきが呆れる】違う意見を言っただけで「嫌い」になってしまう人の心理
https://diamond.jp/articles/-/308002
---

目についたので少し感想です。

世の中を、敵か味方かで分けるような人がいます。
自分のことを認めてくれたら、その人のことを「すべて好き」になるような人です。
相手に100%を期待して求めすぎてしまい、それが1%でも食い違うと「否定された」と思ってしまいます。」

違う意見や批判でも、意味のある話しなら興味がわく。それだけである。
意味のない罵詈雑言や、ごはん論法のような意味のない説明は、興味がない。

閉じた世界で生きていけるなら、好きなことだけやっていればいい。
しかし、生活するために社会と関わらなければならない。つまり、嫌いなことも見聞きすることになる。
そのときに、どれだけ勉強したかが問われてくる。勉強と言っても、学校の勉強ではない。

知恵と知識が必要なときに、私には知恵がないので、何とか知識でカバーしたいと考える。
だから、意味のある話しは好きである。
「1%でも食い違うと「否定された」と思う」のなら、そこで思考が止まってしまう。
止まっている思考に興味はない。
思考が止まっている人は、どうするつもりなのだろうか。いずれ抱えきれなくなって潰れるのではないか。
勉強して教養や見聞を広げるべきだろう。

また、好きの反対は無関心という。話してダメなら、疲れるだけなので距離を取る。

余談であるが、国会で野党の質疑を見ていると、何とか言質を取ろうと必死に見える。
しかし、話してダメなのに、なぜ無理して会話しようとするのだろうか。その場合は、持論を滔々と述べる独演会に切り替えたほうがいいのではないか。

さて、違う意見だから「嫌い」というなら、これほど簡単なことはない。世の中がそれほど単純ならばどれほどいいか。
結局は勉強不足なのかもしれない。多様な価値観に触れて、自分の固定観念を壊してほしい。
もっとも、自分の身を守るために譲れないこともあるだろう。そこは曲げないでほしい。

|ω·`)

 

ブログランキング・にほんブログ村へポチッと押してくれ
ポチッと押してくれ

« 「日本の“格差”に「格差という言葉がすごく良くないと思ってるんですよ」」。今更。 | トップページ | 「五輪汚職事件 アスリートらに謝罪せよ」。ん? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「日本の“格差”に「格差という言葉がすごく良くないと思ってるんですよ」」。今更。 | トップページ | 「五輪汚職事件 アスリートらに謝罪せよ」。ん? »