2023年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ポチッと押してくれ


  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチッと押してくれ



無料ブログはココログ

« 「甘利氏、少子化対策で消費増税も 自民税調幹部」。サボタージュ。 | トップページ | 「非正規に育児給付創設へ、財源に社会保険活用」。消費税と五十歩百歩。 »

2023年1月 7日 (土)

「この国では「真面目に努力する人」ほど損をする」。本末転倒。

---
この国では「真面目に努力する人」ほど損をする…日本の「天才」が次々と海外へ流出してしまう根本原因
https://news.yahoo.co.jp/articles/14fcd4e7860daa7ef977b60e915aeea3bce8f19b
---

ちょと目についたので感想です。

なぜ日本の経済はよくならないのか。モルガン銀行(現・JPモルガン・チェース銀行)元日本代表の藤巻健史さんは「日本は、結果の平等を重視する社会主義国家だ。稼いでも高い税金が取られるため真面目に働く人ほど損をする。これでは経済がよくなるはずがない」という――。

へぇ。

日本のリーダーあるいは資産家と呼ばれる人と話していると、相続税をどう節税しようかという話ばかりしていて愕然とします。貴重な時間やエネルギーをそんなことに費やしてしまうから、この国は発展しないのです。

そうした天才たちが成功すれば儲かり、税金もそこそこで済むアメリカに集まり、切磋琢磨(せっさたくま)することでさらに業績を上げていく。極論すれば、アメリカという国はそうしたトップ5%が動かしている国なのです。
そして、彼らが作ったシステムで残り95%の人が働くことで、社会が回っていくのです。

う~ん。つまり日本はその5%が怠けているということでいいのか。
すべての天才がアメリカを目指すわけではないと思う。本末転倒な言い分に聞こえる。
まぁ、日本は実力主義になっていないから、5%が本当の意味での5%になっているかは疑わしい。

アメリカやイギリスなんかは、資本主義に寄っていると言われている。それ以外の国は、それほど資本主義には寄っていないらしい。
アメリカが成功しているのなら、その成功を目指して、世界中がアメリカスタイルをとれば良いと思うが、現実はそうなっていない。
あたかもアメリカがデファクトスタンダードみたいな話しがよくあるが、世界を見ればアメリカがデファクトスタンダードとは思えない。

いわば、アメリカは「努力をした人を引き上げる国」「天才を引き上げる国」。一方の日本は「努力をした人を引きずり下ろす国」「天才を引きずり下ろす国」。その差は極めて大きいと言わざるを得ません。

違うよね。前述したとおり5%の問題でしょ。
95%に責任転嫁しないでほしい。

そもそも、なぜ日本はこれほどのIT後進国になったのか。

イギリス経済を復活させた「鉄の女」マーガレット・サッチャー元首相は、「人のポケットに勝手に手を突っ込むな」という名言を残していますが、まさに、そのとおりなのです。政治家が税金を集めて、自分の票を集めるためにバラマキを行うことに対する警告です。

サッチャリズムかぁ。
たしか、これでイギリス病から復活したと思うが、別の問題も出てきたはず。最近、イギリスで話題だったのはブレグジットだろう。
サッチャリズムを参考にして、レーガノミクスが現れたのだが、そのアメリカも問題を多く抱えている。最近だと、トランプ大統領がその象徴に思える。(うろ覚え)
サッチャリズムが成功するための道なら、各国がそれをマネすればいいのだが、そうはなっていない。

もうひとつ、気になった記事。

---
田原総一朗氏「だったらこの国から出て行け!」 朝生で出演者に激高→放送後に釈明して和解
https://news.yahoo.co.jp/articles/d51c21ea6de9857d1724dacb8db5466998b66dfd?page=1
---

2023年1月1日に放送された討論番組「朝まで生テレビ!」(テレビ朝日系)で、司会の田原総一朗氏が共演者に「スタジオから出て行け!」と激高する一幕があった。

ネットの書き込みを見ていたら、これはテレビ番組だからみたいなことが書かれていた。たぶん、本気にするなよってことだろう。

「私は主権者教育とか、子供にお金をかけるっていうことをやらない限り、これは『×』のままだと思います」と主張したたかまつさんに、田原氏は「あなたは、本心(から)×なの? 本当は日本は良くなると思ってるの、思ってないの?」と問いかけた。
たかまつさんが「思ってないです。だって」として説明を続けようとすると、田原氏は「だったらこの国から出て行け!」と激怒。困惑するたかまつさんに、田原氏は「この国に絶望的だったら、出ていきゃいい」とした。

とりあえず、そのままの意味として解釈してみる。それと私は番組を見ていないので本当のところは分からない。
この件に関する意見として、言葉を遮ると討論にならないとか、すでに主権者教育を提案しているとかが、あるようだ。
私もそう思う。
文脈だけ見ると、田原氏がどうしたいのかよく分からないように見える。

さて、上記の2つの記事を参考にすると、日本でなにが問題なのか分かる気がする。
結果として、この30年、日本は衰退している。
小泉政権と安倍政権のときに景気のいい話しがあったが、結果として何も変わっていない。衰退が持続しているだけ。
そして、この先も高齢者が増え続け、現役世代が急減するだけ。

たしか童話だったと思うが、一人目はレンガを積み上げて、二人目は塀を作っていて、三人目は教会を作っているという話しがある。
これは3人とも同じものを作っているが、三人の視点が違うということ。
政府を見ていると、レンガを積み上げろと檄を飛ばしているだけで、一向に教会の話しがでてこない。
もう、レンガ積みはうんざりだ。

(憶測で書いているので鵜吞みにしないでください。間違っていたときはゴメンナサイ。謙虚に。謙虚に。)

ω·`)

 

ブログランキング・にほんブログ村へポチッと押してくれ
ポチッと押してくれ

« 「甘利氏、少子化対策で消費増税も 自民税調幹部」。サボタージュ。 | トップページ | 「非正規に育児給付創設へ、財源に社会保険活用」。消費税と五十歩百歩。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「甘利氏、少子化対策で消費増税も 自民税調幹部」。サボタージュ。 | トップページ | 「非正規に育児給付創設へ、財源に社会保険活用」。消費税と五十歩百歩。 »