2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ポチッと押してくれ


  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチッと押してくれ



無料ブログはココログ

« 「岸田内閣支持最低26.5% 4カ月連続で「危険水域」」。何も問題はない。 | トップページ | 「「ついに大きな動き!」国会で拍手喝采… 自民党が児童手当の「所得制限は撤廃すべき」と訴え」。万年、同じ。 »

2023年1月23日 (月)

「安保・原発・少子化の「転換」焦点 与野党攻防激化へ」。もう無理でしょ。

---
安保・原発・少子化の「転換」焦点 与野党攻防激化へ 通常国会23日召集
https://news.yahoo.co.jp/articles/846510e813849ec73bd32b1ab3127f0489307f9e
---

岸田文雄首相は過去最大となる114兆円規模の2023年度当初予算案や、提出予定の法案60本の成立を急ぎ、求心力が低下した政権の再浮揚を狙う。首相が昨年の臨時国会閉幕後に相次ぎ打ち出した安全保障、原発、少子化対策の「政策転換」が初めて国会で議論される。与野党攻防が激しくなりそうだ。会期は6月21日までの150日間。

経済成長ではなく、国家の繁栄を主眼として考えた場合に、どうか。

防衛は、守りの政策。そもそもアメリカ主導。
原発は、既存の技術。守りの政策。
少子化対策は、唯一の攻めの政策。

基本的に、防衛と原発を頑張っても、国家の繁栄には程遠いと思う。
少子化対策は、国家の繁栄につながるが、そもそもとして、90年代にエンゼルプランなるものがあった。
つまり、30年前から少子化を騒いでいたわけだが、それは30年間の実績があるということだ。
その30年の効果が無いから、日本の現状がある。
少子化対策を語るなら、その30年の検証を踏まえて説明すべきだが、それすらもない。

選挙対策だと思うのだが、日本がどうにもならないのは、こんなことを挙げているからではないのか。
無駄な足掻きを演出している。
時間を空費する気満々だろう。
よくできているなぁ~と感心する。

私は、国家の繁栄のためには消費の活性化が必要だと思っている。
消費の活性化のためには、累進課税の強化、応能負担の強化、貯め込んだら増税、の3点だと思っている。

そういえば、少子化対策として消費税の増税はしないと言っているようだが、代わりに社会保険料で検討するような話しがある。
これでは、消費税と何ら変わらないではないか。むしろ、社会保険料には上限がある分だけ、消費税よりもタチが悪い。。。と思う。
庶民から吸い上げるのではなく、累進課税の強化をすべき。お金を回遊するようにすべき。

(最近、エルデンリングというゲームをしているのだが、どう見てもボスに見える雑魚がいる。いや倒せねえよ。雑魚じゃねー)

(憶測で書いているので鵜吞みにしないでください。間違っていたときはゴメンナサイ。謙虚に。謙虚に。)

|ω·`)

 

ブログランキング・にほんブログ村へポチッと押してくれ
ポチッと押してくれ

« 「岸田内閣支持最低26.5% 4カ月連続で「危険水域」」。何も問題はない。 | トップページ | 「「ついに大きな動き!」国会で拍手喝采… 自民党が児童手当の「所得制限は撤廃すべき」と訴え」。万年、同じ。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「岸田内閣支持最低26.5% 4カ月連続で「危険水域」」。何も問題はない。 | トップページ | 「「ついに大きな動き!」国会で拍手喝采… 自民党が児童手当の「所得制限は撤廃すべき」と訴え」。万年、同じ。 »