2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

ポチッと押してくれ


  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチッと押してくれ



無料ブログはココログ

« 「介護現場、働き始める人を離職が初めて上回る 担い手不足が危機的」。家族が介護する未来。 | トップページ | 「限界を迎える日本の社会保障制度」。さすがに、う~ん。 »

2023年12月 8日 (金)

「社会保険料「負担増」のからくり」。公平という悪平等。

---
元財務官僚がみた 岸田政権 社会保険料「負担増」のからくり
https://news.yahoo.co.jp/articles/58cb2f56c2321a5e67dd2bc35da7c91947bad977
---

岸田文雄首相は国会で、少子化対策の財源として社会経済の参加者全員が連帯して保険料を通じて公平に負担する、と言いながら、実質的な負担増はないと述べた。詭弁(きべん)と言わざるをえない。
所得税を減税すると言うが、国民の負担になっているのは保険料だ。政策に一貫性がない。

社会保険料とは国民が公平に負担するものだが、それはすなわち悪平等ということ。つまり、応能負担ではない。
消費税の逆進性と同じ。
社会に与える影響が少なければ、たとえ悪平等だとしても、無視できるかもしれないが、もうそんなレベルではないだろう。

結局、政府のやっていることは庶民の負担を増やしているということ。
必要以上に貯め込んでいる人達への負担を増やすべき。
富裕層は消費性向が低いと言われている。
余剰金はどこにいくのだろうか。
金融投資は、需要が旺盛ならば効果があるだろう。
しかし、供給ばかりで需要が乏しければ、金融投資しても効果が薄いと思う。
結果として、塩漬けとなる。

消費されないお金はどこにあるのか。
それを無視して、庶民に負担ばかりを強いるのは、なぜか。答えは明白。

自分の生活が、毎年、少しずつ豊かになっているならば、政治に感謝すべきだ。
しかし、生活が苦しいままだったり、悪くなっているなら、現状の政治は自分にとってデメリットしかないと考えるべき。
実感なき好景気が、何年か前にあったが、それを踏まえれば現状の政治でもメリットを受ける人はいる。
メリットを受ける人がいるから、現状の政治が必要とされて継続されていく。
しかし、デメリットしかない人には、継続されては困る。
これが、日本の現状。

ピケティのr>gは有名である。
需要が乏しいのに金融投資に何の意味があるのか。必要なことは消費である。
rを何とかしなければならないのに、自民党政権にそれができるのか。自民党政権の支持母体を見ると難しいと言わざる負えない。

---
経団連・十倉雅和会長 社会保障費は年齢を問わず所得に応じて負担すべきだとの考えを示す【高知】
https://news.yahoo.co.jp/articles/e859a15b25e5f6441a071e23797d1432e62ab112
---

経団連の十倉雅和会長は、5日の経済財政諮問会議で政府が示した社会保障費の歳出改革案について見解を述べました。案では、「現役並み」の所得がある高齢者について窓口負担などを3割とする対象の拡大を検討することなどが盛り込まれています。
これについて十倉会長は、社会保障費は年齢を問わず、所得に応じて負担するいわゆる「応能負担」の徹底が必要だと強調し、理解を示しました。

こんなギャグを言っているのだから。

--

さて、衆議院選挙は2021年10月だったので、解散が無ければ2025年10月の任期満了が選挙となる。
参議院選挙は3年毎に半数が改選されるので、前回は2022年7月だったから、次は2025年7月となる。

選挙の度に「政治がよく分からない」と言っている人がいる。
しかし、9割の人は政治が分からないと思った方がいい。
ほとんどの人が政治が分からないのだから、不満があれば「政治にNO」、満足しているなら「政治にYES」、でいい。

<政治にNO>
 野党を選ぶ(次点の政党を選ぶ)

<政治にYES>
 与党を選ぶ
 白紙投票
 投票に行かない

そもそも野党が分からないと言われそうだが、自民の次点である維新か立憲でいい。何も考えずに次点でいいのである。
野党は期待できないと言われそうだが、そもそも自分自身が不安定な生活なのに、なぜ政治家に安定を提供するのか。
政治家に不安定を提供しよう。そうすれば庶民のことを考えるようになるかもしれない。

野党には政権担当能力がないと言われそうだが、政治が分かる人は政権担当能力について議論すればいい。
しかし、政治が分からないのなら、政権担当能力なんて考えるだけ時間の無駄である。

--

庶民が、経済の恩恵を受けたいのなら、消費の活性化だと思う。
消費の活性化のためには「累進課税の強化」、「応能負担の強化」、「貯め込んだら増税」が必要だと思っている。
優先すべきはフローである。

例えば、黒田バズーカをやっても一部の人にしか恩恵はなかった。庶民が潤ったという話しは聞かない。
バラマキや規制緩和しても、小泉政権や安倍政権で起きた実感なき好景気しか生まれない。

繰り返し書くが、必要なことは「累進課税の強化」、「応能負担の強化」、「貯め込んだら増税」の3点である。

さて、バラマキや規制緩和すると、なぜ実感なき好景気になるんだろうね。ウフフフフ。

(憶測で書いているので鵜呑みにしないでください。間違っていたときはゴメンナサイ。謙虚に。謙虚に。)

|ω・`)

 

ブログランキング・にほんブログ村へポチッと押してくれ
ポチッと押してくれ

« 「介護現場、働き始める人を離職が初めて上回る 担い手不足が危機的」。家族が介護する未来。 | トップページ | 「限界を迎える日本の社会保障制度」。さすがに、う~ん。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「介護現場、働き始める人を離職が初めて上回る 担い手不足が危機的」。家族が介護する未来。 | トップページ | 「限界を迎える日本の社会保障制度」。さすがに、う~ん。 »