2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ポチッと押してくれ


  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチッと押してくれ



無料ブログはココログ

« 「消費税率の単一化と引き上げ」。なぜ法人税と言わないのか? | トップページ | 「ジョブ型でもメンバーシップ型でもない 第3の働き方」。カテゴリが違う。 »

2024年2月17日 (土)

「バブル恐怖症 伝統芸能になっちゃってる」。バブル恐怖症と消費税は、別物。

---
景気回復を阻むのは政府と日銀? 経済アナリスト森永康平氏が繰り返し起きてきたことと指摘「バブル恐怖症。伝統芸能になっちゃってる」
https://news.yahoo.co.jp/articles/906cb4474546616870b1af51fcdebafb59bc6a82
---

目についたので感想。

日銀と政府が同じ方向を向いてしまっているとして「『いやいや、なんでそんなことするの?』と思うかもしれませんが、実はこの30年間、何回かそういう局面があって。日本は必ず景気が戻ろうとすると“バブル恐怖症”になっているので『これ以上景気がよくなったらバブルになっちゃう』と思って、その都度金融と財政を引き締めてボコンと腰を折り続けてきたので、伝統芸能になっちゃってる」と、バブル崩壊のトラウマを引きずっていることが原因ではないかと語った。

よく言われるのが、景気が良くなると消費税で潰されるということ。
そして、それは財務省がバブル恐怖症だからだということ。

しかしながら、よく考えてほしい。
バブルのときに、すべての国民がバブルに沸いていたのか。すべての国民がバブルの恩恵を受けていたのか。
答えは、ノーである。

バブルに関しては、土地バブルなどにならないように、余剰金をどう扱っていくのか。それが重要だと思う。余剰金をどう扱うかとは、富裕層に対するスタンスのあり方である。
つまり、富裕層への締め付けをどうするかなのに、なぜか庶民に対して消費税という締め付けをしている。なぜだろうか。
だから、お金が流れなくなる。

何が言いたいかといえば、バブル恐怖症と国民負担には、因果関係が無いだろうということ。
国民負担を増やせば、バブルにならないかといえば、そうではなく、庶民が貧困になるだけという、わけ分からん話しだということ。

また、全員の賃金が上がったとしたら、相対的には何も変わらない。なぜならお金はモノサシだからである。
庶民にとって、必要なことは格差の縮小である。
皆が、賃上げで盛り上がっているから、私も一緒に盛り上がりたいと思うのなら、盛り上がればいいと思う。しかし、結局は、時間を浪費させられるだけで終わると思う。
要するに、賃上げで盛り上がっても、全員の賃金が上がるのなら相対的には何も変わらないため、時間を浪費させられるだけである。着目すべき点は、賃上げが格差の縮小につながっているかということ。
いつも書いていることだが、格差を縮小させるなら、貯め込んだら増税や、累進課税の強化が必要だと思っている。
庶民の商売相手は、大抵は庶民だと思う。だから、格差が縮小して、庶民が潤えば、自分の商売が上向く可能性があるということ。

このような記事を読むと、大抵は「そうだ、そうだ、財務省のバブル恐怖症が悪いんだ」と思ってしまうが、まぁ、庶民には関係ない話しだと思ったほうがいい。

--

さて、衆議院選挙は2021年10月だったので、解散が無ければ2025年10月の任期満了が選挙となる。
参議院選挙は3年毎に半数が改選されるので、前回は2022年7月だったから、次は2025年7月となる。

選挙の度に「政治がよく分からない」と言っている人がいる。
しかし、9割の人は政治が分からないと思った方がいい。
ほとんどの人が政治が分からないのだから、不満があれば「政治にNO」、満足しているなら「政治にYES」、でいい。

<政治にNO>
 野党を選ぶ(次点の政党を選ぶ)

<政治にYES>
 与党を選ぶ
 白紙投票
 投票に行かない

そもそも野党が分からないと言われそうだが、自民の次点である維新か立憲でいい。何も考えずに次点でいいのである。
野党は期待できないと言われそうだが、そもそも自分自身が不安定な生活なのに、なぜ政治家に安定を提供するのか。
政治家に不安定を提供しよう。そうすれば庶民のことを考えるようになるかもしれない。

野党には政権担当能力がないと言われそうだが、政治が分かる人は政権担当能力について議論すればいい。
しかし、政治が分からないのなら、政権担当能力なんて考えるだけ時間の無駄である。

--

庶民が、経済の恩恵を受けたいのなら、消費の活性化だと思う。
消費の活性化のためには「累進課税の強化」、「応能負担の強化」、「貯め込んだら増税」が必要だと思っている。
優先すべきはフローである。

例えば、黒田バズーカをやっても一部の人にしか恩恵はなかった。庶民が潤ったという話しは聞かない。
バラマキや規制緩和しても、小泉政権や安倍政権で起きた実感なき好景気しか生まれない。

繰り返し書くが、必要なことは「累進課税の強化」、「応能負担の強化」、「貯め込んだら増税」の3点である。

さて、バラマキや規制緩和すると、なぜ実感なき好景気になるんだろうね。ウフフフフ。

(憶測で書いているので鵜呑みにしないでください。間違っていたときはゴメンナサイ。謙虚に。謙虚に。)

|ω・`)

 

ブログランキング・にほんブログ村へポチッと押してくれ
ポチッと押してくれ

« 「消費税率の単一化と引き上げ」。なぜ法人税と言わないのか? | トップページ | 「ジョブ型でもメンバーシップ型でもない 第3の働き方」。カテゴリが違う。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「消費税率の単一化と引き上げ」。なぜ法人税と言わないのか? | トップページ | 「ジョブ型でもメンバーシップ型でもない 第3の働き方」。カテゴリが違う。 »